コチラのサイトで肥満の治療薬として食欲抑制剤リデュースをの使用を検討されている方にとって重要な情報を紹介できたらいいなと考えています。

食欲抑制剤リデュースは、肥満の治療薬!医師の指導の元で使用することがベスト

誰でも今の体型が気になるときは、ダイエットをして体重を減らしたり、スリムなボディラインになって周囲を見返してやりたいなど、痩せてキレイ・かっこよく見せたいと思うことがあります。しかも苦労をしないで痩せられるなら、そんな素晴らしいことはないと思うほどに、痩せるための食欲との闘いはつらいものがあります。

その食欲を抑える薬として食欲抑制剤があることをご存知でしょうか?飛びつきたくなるような思いの方もいることでしょうが、これは薬なので、サプリメント感覚では試すことができません。ではどのようなときに処方される薬なのでしょうか。

食欲抑制剤リデュースは、肥満の治療薬!医師の指導の元で使用することがベスト

■食欲抑制剤とはどんな薬でしょうか?
食欲抑制剤は、その名前の通り、食欲そのものを抑える薬です。サプリメントなどのようにいつでもどこでも飲める食品ではなくて、医療機関での処方が基本となる薬です。ダイエッターとしては、食欲を抑える薬なんて、かなり興味深いものがあると思いますが、この食欲抑制剤は、あくまでも病気に対する治療薬の1つです。

リファレンス★リデュース http://www.ntp-k.org/medicine/kaizen/reduce.html

ダイエットを補助するために食欲抑制剤を使用できるならば良いのですが、現状では、重度の肥満症の人がその症状を改善させるための薬として使用されています。重度の肥満症の方は、基本的には「痩せる」ことを医師から指導されるものですが、痩せるために必要な運動や食事制限だけでは足りない場合、薬物療法がおこなわれます。

使われ方はケースバイケースなところがあり、運動をしたいけれども、運動の前に体重を落とす必要がある方や、食欲を一定期間コントロールする必要があるなど、その症状によって使用されます。

■重度の肥満とは?
重度の肥満とは簡単な目安で言えば、BMIなら35以上、肥満度で言えば、+70パーセント以上の方を指します。また、通常の肥満でも、肥満度で+20パーセント以上の方、BMIが26.4以上の方は医学的根拠のある肥満だと判定されることがあります。BMIについては計算方法が世界共通ですが、肥満の判定となる基準値は国々によって異なりますので、あくまでも日本独自のケースとなります。

■具体的な処方されるケースと、費用について
医療の現場では、太りすぎてしまって、糖尿病や心臓病などの生活習慣病を発症している方に対して、痩せさせることを目的として処方することが多くあります。しかし多くの場合は、健康保険が適用にならないことが多いので、食欲抑制剤の分の費用は全額自己負担な場合があります。

食欲抑制剤を処方してもらえるケースで健康保険が適用になるのは、どうしようもなく重度なBMI35以上の肥満症の場合が多いと言われています。それでも決して安い薬とは言えないもので、なおかつ、患者さんの肥満のタイプによってはあまり効果を発揮できないこともあります。

■食欲抑制剤は医療機関で処方されたものを使用すること
食欲抑制剤は、先にも触れたように、重度の肥満症の方に処方されることが多い薬です。ダイエッターの方にとっては、許されるなら1度は試してみたいと思えるものですが、特に肥満でもないのに試すことはできません。また、痩せるサプリメントのように軽い扱いをしてよいものではありません。

サプリメントは健康食品、食欲抑制剤は、薬です。人体への確実な影響がありますから、専門医の指導の元で処方されて、飲み方を教わりながら使用することがベストなものです。仮に中度の肥満だとして、食欲抑制剤に魅力を感じているなら、しっかりと医療機関を受診して相談してみましょう。

最新投稿